publicdomainq-0014880oht
1: ごまカンパチ ★ 2019/05/09(木) 00:18:28.42 ID:4rbNAAye9
http://karapaia.com/archives/52273947.html
 1万年以上前に訪れた最後の氷河期では、北米と南米とを結ぶ”橋”にオオカミのような肉食獣や地球史上最大のクマがうろついていた。
橋――すなわち中米にあるメキシコの水中洞窟の底には、太古の時代の墓場がある。
ここから、大きく顔の短いクマ(Arctotherium wingei)の頭蓋骨、オオカミのようなイヌ(Protocyon troglodytes)の骨、さらにはナマケモノ、バク、
サーベルタイガー、クーガー、ゾウに似た動物ゴンフォセレなど、さまざまな骨が発掘されており、中には1万2000年前の人骨すら見つかったという。

■巨大水中洞窟の闇に潜む狡猾なトラップ
 骨が発見されたのは、ユカタン半島東海岸に伸びる世界最大級の水中洞窟、サク・アクトゥン洞窟のオジョ・ネグロ穴だ。
オジョ・ネグロとはスペイン語でブラックホールのことで、後期更新世の名残りを今に伝える天然のタイムカプセルのようなところだ。
ここは数千年前、狡猾なトラップのような場所だった。なにしろ落ちれば60メートルはあり、何も知らない動物がたくさんの命を散らせてきたのである。
やがて氷河が解けて、無数の死体が折り重なる穴を水で満たす。こうして彼らは永遠に水の中に保存されることになった。

■南米でしか発見されていなかった動物の骨
 熱帯の中央アメリカで大昔の骨が発見されることは滅多にない。
だが過去12年間で収集されてきた骨の中に大型のクマやオオカミのものがあったことが衝撃だったのは、それだけが理由ではない。
これまで、この2種は2000キロ以上も離れた南米でしか発見されたことがなかった。
それなのに、南米ではない地域で、これまでで最高の状態のサンプルが発見されたのである。

 歴史的に見れば、動物たちは北米と南米の両大陸の間をいくども移動してきた。
もしかしたら今回のクマとオオカミは、そうした移動の最中、ふと立ち止まってみる気になったのかもしれない。
そして、そのまま中米の青く生い茂った地域に居ついてしまった。
別の可能性としては、3万5000年から1万2000年前の最後の氷河期の間か後に、一度南に移住した彼らが、再び北へと移動を始めたのだとも考えられる。

■氷河がうながした動物の移動
 現場から多様なナマケモノが発見されていることからも、中米の生物の歴史は想像以上に複雑であることが窺える。
研究者は、後期更新世の末期において氷河が引き起こした風景や生態系の変化が、クマやオオカミ、あるいホモ・サピエンスが移住をしたことの
裏付けであると考えている。

 なお、この洞窟でなされた最大の発見は、2007年に発掘された2つの人骨である。
その1つは、およそ1万3000年前に生きていた10代の少女のものだ。
この地域の人たちは、かつて巨大な陸上性ナマケモノや見上げるほどに背の高いクマと一緒に生活をしていたのだ。

この研究は『Biology Letters』に掲載された。

no title

no title

no title

no title

4: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:21:44.88 ID:Tr+pw8uW0
なんで水中洞窟なんだ?
その当時は水の中でも生きれたのか?

6: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:23:33.87 ID:BQ+ccbQX0
>>4
昔は陸だったんだろう

8: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:24:10.82 ID:wQxvfmVb0
>>4
水位が上がったか、陥没したんじゃね?

20: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:38:20.21 ID:OFOAnl0F0
>>4
たった1万年程度でそこまでクマの生態が変化したとは思えんなw

11: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:27:55.27 ID:FpCtgDKZ0
はよクローン作れ

14: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:29:49.86 ID:tVf8MOed0
1万年前って100年の100倍だから
メチャクチャ昔ってわけでもないんだよな。

15: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:29:55.15 ID:xsy2V8Bz0
氷河期世代の骨も拾ってもらおう

17: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:31:12.27 ID:8lmvwm3h0
絶対殺す気満々の牙だな・・・・
下顎だけで白人男の顔並みにあるやんけ

18: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:33:26.82 ID:YqsTquXb0
すごく宇宙!!



21: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:39:34.33 ID:VdhUg98t0
サイズの目盛りより
グリズリーとかと並べた比較図を作れよ
プレゼンが下手だから研究資金が集まらないんだよ

22: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:43:20.65 ID:jkWvqvQY0
それでもまだ上があることに気づいてないんだがね(笑)

24: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:44:34.21 ID:rInPxvRJ0
画像だけ見てもよく分からんな

25: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:44:58.77 ID:jUcMRRq+0
秋田だったっけ70メートルのクマ

27: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:47:08.16 ID:8SUhw4NC0
レオナルド熊の亜種か?

30: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:53:25.99 ID:+Koec3li0
ゆかたん半島って書くとかわいい

32: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:54:17.24 ID:SrITPP+/0
マンモスってやつか
あれってクマじゃないんじゃね

34: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:55:32.76 ID:nOEtMyg80
>>32
マンモスはメキシコまでいたっけ?

36: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:58:06.42 ID:nOEtMyg80
>>34だが
メキシコにもコロンビアマンモスならいた様だ。
我々が想像するシベリアのケナガマンモスよりも大きい奴

33: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 00:55:00.00 ID:VdgOaedp0
でそのクマもオオカミもナマケモノも人間が喰いまくって絶滅させたと

43: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 01:04:40.26 ID:dq+s0klI0
>見上げるほどに背の高いクマと一緒に生活をしていたのだ。

嘘つけ
人間なんて餌だろ

熊と人間が一緒に生活なんてできるわけがない

50: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 01:22:40.36 ID:WPwphko00
>>43
no title

no title

44: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 01:05:50.79 ID:Vy44xc2v0
氷河期と聞いて

45: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 01:08:16.82 ID:dq+s0klI0
ちなみに、これが古代熊
no title

54: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 01:33:42.46 ID:HAQ2NQJq0
>>45
やっぱ立つと5mくらいはあるのかw
てか、陸棲動物はデカイやつはどんどん絶滅しちゃうのは何故だ?

みんなコンパクトに収まってるな。

57: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 03:12:13.01 ID:OGbu03Gp0
>>54
カナダでヘラジカ見た時はあまりのデカさに心拍上がった
現地のヤツがまだまだデカイのがいると言ってたが
がちょっと信じられなかった。それぐらい巨大だった

46: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 01:09:48.13 ID:/AMyfWb50
>ゾウに似た動物ゴンフォセレ

イルカに似ているな。

47: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 01:10:29.24 ID:GUuqy/fD0
かき氷食べ放題の時代

55: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 01:51:00.08 ID:1I78RcnZ0
巨大なナマケモノってのは肉食だったの?

42: 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 01:04:05.31 ID:CNfuj3UH0
顎がでかすぎ



元スレ:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557328708/